2022年の振り返り テクい編

naari.hatenablog.com

つくったもの/やったこと (wip含む)

マイリストをぜんぶまとめて見れるやつ

tauriを使ってマイリストをまとめて見れるクライアントを作りたかった。まだ作ってる途中。

github.com

OffersHUD

MinecraftのMOD、fabric用。村人に照準を合わせるだけで取引内容が見れるやつ。

github.com

naari.hatenablog.com

RSSフィード

音MAD作者のブログとか、純粋に自分が読んでいるブログをosmosfeedというものを使って見るようにした。今更RSSフィードを追っている。

yamlにデータをまとめるために、今回のデータ構造のためのlinterを作ったりした。

Getting Over It Subtitles

Getting Over Itの全字幕をまとめたやつ。ゲームデータから直接抜いた。

naari3.github.io

github.com

naari.hatenablog.com

@naari3/react-crossword-ja と 最強無敵スーパーウルトラ神神神合作のクロスワード作成

ひさびさにライブラリを作った。日本語に特化したクロスワードのReactのコンポーネント。日本語入力のためのIMEが難しいこととかがわかった。

github.com

naari.hatenablog.com

Spigotのnmsについての理解

naari.hatenablog.com

naaris

またテトリスを実装した。今回はRustで、かつ描画ライブラリのことを気にしながら。

github.com

minecraft-command-bot

Minecraftのサーバーのログを食べて、それに反応させてDiscordに何かをしたり、Discordのリアクションをもとにしてrconのコマンドを投げるようなやつ。身内でスカイブロックをやるときに活躍した。

github.com

naari.hatenablog.com

Rust + multi arch image + GitHub Actions

naari.hatenablog.com

人生で初めてホッテントリに乗った気がする。

PowerToys Runのプラグイン Terrariaのwikiを検索する

半ば無理矢理な感じでPowerToys Runが認識するプラグインを作成する、というやつ。その時仲間内でやってたTerrariaのwikiを検索するためのプラグインを作った。

github.com

naari.hatenablog.com

naari.hatenablog.com

Update Suppression

github.com

Minecraft上でStackOverFlowを無理矢理発生するようにして、ブロックのアップデートを強制的に停止するやつ。説明用の記事と動画をちゃんと作ってる。

ssclip

事前にディレクトリを監視しておき、スクショとかの画像が作成したタイミングでクリップボードにコピーするやつ

github.com

Minecraftで画像を作成した時にそのまま Ctrl+V とかで各所に共有できるようにするために作った。

nomifactory-ja

nomifactoryというmodpackの日本語化をしている。

github.com

dangerを使ってPRで簡易プレビューみたいなことをしたり、VSCodeのためのプレビュー用拡張機能を作った。

github.com

まとめ

今年は趣味色が強い感じ。プログラミングのためのプログラミングというのをあまりやってない(強いて言えばRust + multi arch imageくらい?)。

仕事の方で色々やってるんだけど、まだ外に出せるような何かを書いていないのでここにも書けてない。来年はそっちもたくさん書けてるといいな~~

2022年の振り返り

naari.hatenablog.com

項目を振り返る

PCの環境をもうちょっとよくする

よくなった気がする!!それぞれ理由を持ってアップグレードした。金を掛ける部分に金を掛けたぞ!!!

  • CPU
    • AMD Ryzen 5 3600X → AMD Ryzen 9 5900X
  • メモリ
    • 32GB → 128GB
  • グラボ
    • GTX 750ti → RTX 3060ti

今はゲーミングのモニターがほしい。スーパーマリオワールドとかをやるときに未だにブラウン管のテレビを使ってるんだけど、今のご時世にブラウン管はちょっと重すぎる。既にRTAのトップランナーもゲーミングモニター+良い品質のアップスキャンコンバーターに変えている。僕もこれに乗りたい。

録画鯖を作る

  • 作れなかった。来年に期待。

音MADを作る

ひとつだけ投稿したけど、力を入れたものは投稿に至らなかった。もっと頑張りたい。特に2023年は頑張りたい。

www.nicovideo.jp

今貯めてる183はそれぞれ動画ワークが残っている。大変や。2023年は動画の年になる可能性がある。

誘われの音源をちゃんと作る

目標には「素振りとかもして多少くらいは満足したい」とか書いたけど、実際はあまり触れなかった。去年までは雑にDAWを触ることがよくあったけど、今年は依頼以外でDAWを触らなかった気がする。もっとやりたい。

出したもの↓

Caramell11111

49sixさんの荷鞍Recordsから、misskey用の変名義 naari4#PARTY ALL-NIGHTに出させて頂いた。前々からアイデアとして存在していた、caramell dansen のhyperflip。ドナルドのランランルーの逆再生を使いたかった。

soundcloud.com

not seeming!!

poniyamaさんのLiminal Warpから、アニメサンプル主体のleftfield bassコンピNocturnal Edgeに出させて頂いた。not seeming!!はシュールという単語を自分なりに言い換えたもの。音MADの気持ちで置くアニメサンプルと何らかのベースジャンルを混ぜる気持ちがあったのだけど、うまく表現できてたかなぁ…と未だに不安になる。僕が好きなCOPYCATTがよくやっているようなNeuro hopをさらにboombapに寄せたようなジャンルをやった。

soundcloud.com

M2-9

同じくponiyamaさんのLiminal Warpから、アニメサンプル主体のleftfield bassコンピに出させて頂いた。まちカドまぞく 2丁目の9話が好きすぎて、M2-9。ちゃんとストレートなleftfield bassを作りたかったけど、前回と同じようなものになってしまったという心残りがある。尖った曲を作るのって本当に難しいと思う。特に自分は展開を作ることがなかなかできなくて(展開を増やすために何を置くとか、そもそものアイデアとか、そういうやつができない)、それを無理矢理に引き出して曲を作る、ということをしている。誘って頂けた時点で本当に嬉しいのに、とても褒めてくれるのもさらに本当に嬉しい。poniyamaさんには頭が上がらない。

liminalwarp.bandcamp.com (SoundCloudにはまだ上がってない。上げていいのかなあ)

レーベルとか何かのDIscordサーバーに音源を投げてみる

やってない!やりたかった!

なにかのイベントに出たい

NERDTRONICS2!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

naari.hatenablog.com

www.nicovideo.jp

このブログをちゃんとやる

今年の前半はめっちゃやってた!!!!ただ、後半になってかなり減速した。合計で言うと61記事。たくさん出せたのはすごい。

Advent Calendarは音MADのものに参加した。プログラミングの系統は参加してない。

naari.hatenablog.com

本棚を完成させる

完成した!!!!id:kaikityouさんととげさんありがとうございました!!!

そして荷解きを完遂する

した!!!!!!本棚を完成させた結果、荷解き後の荷物の行き先が発生したのでそこに置かれるようになった。部屋がきれいになったし、ルンバも動くようになった。重ねてありがとうございました。

継続して生活にちょっと気をつける/継続して食事に気をつける

うーん、どうだったんだろう。

ルンバを飼ってから、定期的にルンバが動き出すようになったので、これが掃除をするための良いトリガーとなってくれている。かなり良いことに思う。

noshに飽きてきた。全部同じくらいの薄さの味をしていて結構しんどい。不味くなってくる。レンジでチンするタイプの白米を毎週もらったりはしているので、2年前よりは良いと思う。

外に出ることを主目的に、「スーパーで惣菜を買う/外食する」をしたい。生活を回すためには外に出ることがとても効果的であることがわかった。外に出ることで、そのついでに買い物をしたり、ゴミを捨てたりできるのだ。でも、現状住んでいる駅周辺は何もないので、外に出ることに良いリワードを置けない。つまり、引っ越したい。

naari.hatenablog.com

貯金のことを考えてみる

つみたてNISAをはじめた。それだけ。それ以外で言うとむしろ悪化してて、収入と支出が釣り合う。無駄なものを買ったりしすぎである。

転職のことを考えてみる

今やってることをやりきりたい……

趣味のプログラミングのプロダクトをもうちょっと真面目にすすめる

実は今年ってあまり趣味のプログラミングができなかった気がする。けど、一応やることはやっていた様子。別記事にまとめるべきだ。

SRE頑張る

ちょっと長くなってる。はやくいい感じにしていきたい………………………

元記事にないけど書きたいことを書くスペース

なんか、去年にも増して物事をしなくなってる気がする。というか、趣味も仕事もあまりフルで命を燃やせなかった感じがある。飽きてきたのか、体力がなくなってきたのか……いずれにせよ良くない傾向に思うので、どうにかしたい。

↑こういう感じで、最近少しずつ老いを感じてきている。まだ24だけど、しかし、24になった。野獣先輩と同い歳。あと6年で30だけど、6年ってもう既にそんなに長い時間じゃないような気もしてきた。仕事でやんないといけないことも増えてきたし、趣味ではみんながいくらでも頭角を現し続けていて、自分自身の時間の使い方をさらに意識しないといけないような気がしてきた。どうなんだろう。

↑こういうのを書くことこそが老いなのだとか思う

Getting Over Itがどんどんうまくなっていく。こうなったら2分切りたい。前までは無理そうな気がしていたけど、少しずつ実現可能な気がしてきた。

もっと書かなきゃいけないことがありそうなんだけど、一旦ここまで。もっといろいろなことをしたい。

来年の目標

あしたかきま~~す

soothe2がすごい どんどん帯域を削ろう

この記事は音MAD Advent Calendar 2022の19日目の記事です。遅刻しました。

adventar.org

みんなが根を詰めた記事しか書いてなくてめっちゃ恐縮!深い話も考え方みたいな話もできないので、すきなプラグインについて書きます。

概要 tl; dr

  • 原曲のうち素材の音域と被っている部分を抑制したりするよね
  • ↑それsoothe2で簡単にできますよ

困ること

音MADで使用する曲の大半は世に向けて発売されるタイミングでマスタリングされます。おおよその場合は低音域から高音域までまんべんなく埋まっている状態を目標としてマスタリングされるので、音MADの音声制作時にそのまま素材を置いてしまうと帯域がぶつかってしまい、聞きづらいミックスになってしまいます。特に、音MADにおけるセリフやリードあたりの一番聞かせたいような素材における特徴的な音域は中域であることが多いため、音MADではよくぶつかる問題であると言えそうです。

原曲とセリフの例 どちらも600hzあたりが一番大きく鳴っていて、このままだとぶつかってしまう!!!

これまでの対応手

これに対する対応としてよく挙げられるのは、EQで原曲の中音域帯をあらかじめ削ることです。

中音域を思い切って削る

事前に削っておくことで、素材が活躍する音域を開けることができて音MADとして聞かせやすい状態にすることができる、という考え方です。ただ、当たり前ですが素材が占める音域に対してどうしても広めに削ってしまうものだと思います。例えばある素材のレゾナンスは400hz, 420hz, 500hzあたりが目立つけど、別の素材はもっと別の部分にもレゾナンスが存在するので、あらかじめ原曲の300hz ~ 800hzまでを広く削っておく、など。これは楽である一方、原曲を必要以上に小さくしてしまう要因に繋がります。

また、対策としてEQではなくダイナミックEQで削ることも考えられます。ダイナミックEQは設定した帯域の音量が一定以上となった場合に音量を上げ/下げることができるエフェクトです。これをサイドチェインと共に使うことで素材が鳴っているタイミングだけ下げることはできますが、素材ごとに細かく帯域を設定するのは骨が折れる作業になりかねません。

そこでsoothe2を使います!!

soothe2とは?

『SOOTHE 2』は、視覚的に分かりやすく、イコライザー感覚で使用できるダイナミックレゾナンスサプレッサー&ディエッサーです。

そもそもレゾナンスサプレッサー/ディエッサーとは、レゾナンスになっている部分(基音に対して共振、共鳴している部分)を小さくしてくれるオーディオエフェクトです。本来は必要以上にキンキン鳴っている高音域などに対して効果を期待するものだったりします。誤解を恐れずに書くと、今回は単純になんらかの素材をスペクトラムアナライザーで見た時に山のように尖っている部分のみを小さくしてくれるものだと捉えてくれると良さそうです。特にディエッサーは人間が喋っている素材にありがちな「サシスセソ」の音だけ強くなってしまう現象に対して有効です*1

今回はこれ↑を小さくしてくれるものだと捉える

soothe2はふつうのレゾナンスサプレッサーとは違い、作用する範囲とその強さをGUI上で弄れる(さながらイコライザーのように……)ので直感的で・簡単で素晴らしい!というのが趣旨のプラグインです。

↑高く設定した部分であればあるほど青い部分の減衰が大きくなる

素材にエフェクト挿しまくってキンキンになってしまった時にsoothe2で簡単かついい感じに抑えることができる、という使い方もできるのですが、今回はサイドチェインの機能を使います。

素晴らしいサイドチェインモード

原曲のトラックに対してsoothe2を挿入し、素材が鳴っているトラックをサイドチェインのソースにします。soothe2上でsidechainモードをオンにして再生すると……

押せ!!

(↑これ動画です 1ループ目: バイパス状態 2ループ目: MAX 3ループ目: いい感じの値に調整 4ループ目: バイパス状態)

原曲のうち、ちょうど素材で鳴らしている音域のみが削られるようになります!これは便利!!!

しかもEQで広く削る例と比べると、その時に素材が鳴らしている帯域のみを削ることになるため、原曲は必要最小限の欠損で済むわけです(上に貼った動画の3ループ目は原曲への変化が少ないままにシャミ子の声の通りやすさも良くなってると思います。伝わるといいな~)。これが最小限の労力で得られるのでとても素晴らしい!!!

実際にこの用途で使う場合には、attackを最速にしたり、sharpnessをちょっと大きくしたり、depthを用途に応じて強めたりする必要がありそうです。ここでは詳しい説明はしませんが、GUIがかなり親切で分かりやすいので触るだけで理解できるかと思います。自分は以下のような設定にした上で、ソースとなる素材に応じて減衰させる帯域を変えたりしています。

設定例

すごいぞ

上の例では原曲 + 素材の例を出しましたが、他にも利用用途は挙げられます。先程も挙げましたが、soothe2単体をそのまま素材のトラックに挿して聞きやすくできます。

  • 耳障りに鳴っている高音鳴っている部分を削る
  • 中音域をいい感じに削る
  • 純粋にディエッサーとして使う

他にも、マスターに挿して全体のミックスを整える*2、原曲を耳コピしたパートにsoothe2を掛けてセリフパートをサイドチェインのソースにする(耳コピパートを減衰させてセリフを目立たせる)、などは有効な使い方だと思います。また、プリセット一覧を見ると用途ごとにフォルダ分け/名前が付いていたりするので、好きなものを選んでそのまま使う、というのもアリだと思います。

珍しいことにsoothe2のプラグイン自体にチュートリアルが実装されており、初回起動時や ? メニューの tutorials 選択時に、実際にsoothe2を触りながら使い方を覚えることができます。各種説明もsoothe2のGUI上で教えてくれるのでお手軽。体系的に学べるのでとても覚えやすいと思います。

価格

通常時の価格で28,900円です……音MADにおけるmixの重要性が別にそこまで強くないことも考えると、尚更に人に勧めづらい……

たまにセールもやっているみたいです(既に終わってしまいましたが)。前回は30%OFFの20,000円になっていました。来年のブラックフライデーとかでいかがでしょうか?

また、demo版として20日の間フル機能が使えます。購入前の検討などに是非。

まとめ

音MADの音声制作にも向いている(と思っている)プラグイン soothe2 の紹介でした。トラック同士のミキシングは勿論、マスタートラックでのミックスでも活躍するプラグインなので、是非とも使ってみてください。

公式サイトから購入する場合はこちら↓ oeksound.com

日本の代理店 SONICWIRE からの購入はこちら↓ sonicwire.com

初めてTwitterにお金を払った

Twitter Blueというやつ。機能として広告表示数が1/2になったり、10分尺の動画が上げられたりするけど、それよりもTwitterにお金を払うことができたというのが一番デカい。

方法は検索すると出てくるものをやった。

アメリカのApple IDを作ってログイン → VPNでアメリカになる → アプリを再起動 → Twitter Blueのサブスク画面でとめる → 普段のApple IDでログイン → サブスク

これで晴れてTwitter Blueユーザーとなった。記念としてツイートした直後にすぐ編集する、というのを繰り返したり。5回まで編集可能らしい。

ということをした後、広告の表示数が減ったことを確かめるためにTLを見る。これまでは5ツイートに1つ広告が流れていたところ、10ツイートに1つとかになるのかな~と思っていたら、なんかそうでもないっぽくて思った以上に広告が出ない。かなり満足。

だったんだけど、更新するたび、自分の編集前revisionのツイートが毎回一番上に現れる。↓この履歴が毎回TLの先頭に現れる。プロセスキルをしてからもう一度立ち上げても同じまま。

恐らくなんらかのソート軸の順番的には、nullであるこのrevisionsが最上位に来るのだと思う。なんだか厄介なクライアントのバグを引いたな~とか思ってたら、超絶恐ろしいことにタイムラインの人も「なありさんのツイートがずっと流れてくる」と言っていた。

僕は完全に悪くないけど、とんでもない冷や汗をかく。これのせいで人からミュートされたりブロックされたりする可能性も全然あるので本当に怖かった。

ただ、コサンジさんが「アプリの更新を行ったら治った」という情報を教えてくれて、治す方法(おそらくTLとして持ってるツイートのキャッシュが揮発する方法?)があるということがわかった。ここでアプリ内でリログインしたところちゃんと治ってくれた。この方法を壊れた方々にお伝えした。

TL上でアピールしてくれた方々にはお伝えできたのだけど、絶対に無言のまま嫌な思いをした人はいるはずで、その人たちの心情を察するとやっぱりバカほど怖くなってくる。絶対に僕は悪くないんだけど、すみませんでした。

nerdtronics2にDJとして参加しました

↑これ順番間違ってました

セットリストについて

  • 自分が好きなジャンルとのいい塩梅を狙う
    • そもそもクラブに向いたジャンルというものは存在する(音響によるもの)
    • 自分が音MADから紆余曲折経てクラブイベントに遊びに行くようになった身なので、いい感じの交差点を見つけたかった
    • あわよくば同じように道を辿ってみてほしい……
  • メロディが主体ではない音MADの気持ちよさやその楽しみ方
  • 低音も大事だよという気持ち
  • ベスト・オブ・思い出がメイン
    • 次同じようなことがあるか分からないので、使えそうな記憶は全部使う

ツイートのセットリストは実は微妙に間違っていて、以下が正しいです。ごめんね。

01. ZAZEN Beats SGI Style - 新ドナP [sm13218586]
02. Do Back ohn - 乳搾りの反対 [sm20365058]
03. Kuroda BLITZ - 捨印 [sm20911125]
04. 単調 - よへう [sm19021341]
05. 高田 and 健志 - 闇風特攻隊 [sm28987614] (edited)
06. みおちゃんロジック - 菅沼 [sm14607131] (edited)
07. らいや~~ん - àlamode [sm20985655]
08. イキスギ嵐 - 水星 [sm40388925]

-----

09. それよりなによりかわいい - z5t [sm33254464] (edited)
10. Talking Kofji-Aneki GB.lsd - ぞう [sm31232719] (edited) + "Matteo Coffetti - Quentin Selva Fooza (Piezo MondialCasa Remix)" - Pampsychia
11. "BUCCHIPPHA BRAND feat.変態糞親父 - 人糞発電所" - totsumal [sm25248156]

-----

12. Our Kelly+フレンズ・オブ・かがみ+マクド・オブ・ドナルド - ボニボニア & Dustvoxx
13. トゥルーデリーおねえちゃん - ひと☆ごみ & F41TH [sm18441759]
14. You are the IDIOT!! 2 - Rebirth & 腐れ雅 [sm535571]
15. Saitama - Rebirth & 某埼玉県好きな千葉県民
16. 正露丸のラッパを激しくしてみた - 皿 [sm12002479] (edited)

-----

17. 霊夢 so クッキー☆ - ひと☆ごみ [sm12590902] (edited)
18. "S1 E5 - smelt my strabwerry melt" - lorey (の音MAD 今度投稿します)
19. 【星のカービィ】 ドナルド先進国らんらんるー♪ 【ドナルド】 - Tt35 [sm5068651] + "ロナルド - naari3" + "MOODY GOOD [SCHEME FLIP]" - JIMMYTICS

-----

20. ピンクは腹黒 - bonosan [sm17297694] (edited)

いくつか書きたいことだけ書きます。

01. ZAZEN Beats SGI Style - 新ドナP

最初は四つ打ちで流れを伺って、あとから露骨に別ジャンル感を出すような形を見せる。

ZAZEN Beats SGI Styleはまさにこのセットリストを象徴する良いスタートの音MADだと思っていて、雰囲気の加減を見知ってもらえそうなので入れた。コンセプトに対してベストマッチすぎる。

02. Do Back ohn - 乳搾りの反対 ~ 03. Kuroda BLITZ - 捨印

01 と 04 を含めて、「いわゆる尖った曲に対する様々なアプローチ」がとても好き*1。どう考えても音MAD/YTPMVのメインストリームではない曲だし、選ぶだけで大変そうな曲なのに、うまくそれぞれの表現に落とし込んでいる。本当にかっこいい。加えて、このあたりは音楽を探すための重要な取っ掛かりにもなってくれた楽曲で、これがなかったら今のような趣味嗜好にはなってなかったかもしれない。が高かったので、まずこのあたりを掛けることを念頭に置いてセットリストを考え始めた。

04. 単調 - よへう

特徴的なベースが鳴り続けているのが特徴なんだけど、ステージ向けのスピーカーからはこのベースがかなり過剰に聞こえて(ほとんどサブベースだけ、みたいな鳴りに聞こえて)不安になってしまいローをすこし落とした覚えがある。フロアでは別にそんなに変な音になってなかったらしく、杞憂だったらしい。

05. 高田 and 健志 - 闇風特攻隊 (edited)

少し色を見せ始める。元々の音MADが正統派に近いTrapを主体としたものなんだけど、(記憶が正しければ)当時としてはかなり珍しいものだった覚えがある。ここまで流した音MADは全てキックを差し替えているけど、純粋なサブベースの強さを感じるタイミングはここが初めてだと思う。そのために元の音MADに対して低音を加えたり、繋ぎやすいようにループさせたり、必要以上のeditを加えた。

06. みおちゃんロジック - 菅沼 (edited)

過去に荷鞍Recordsからeditしたトラック(これ)をリリースさせていただいていて、それを掛けた。一つ前のものと同じく音の鳴りにこだわっていて、是非とも良い音響のある場所で掛けたかった。

この手の特徴的なベースを映像に表したくて映像を作ったけど、こういう音MADのRemixってニコニコ動画に上げてもいいのかなあ

07. らいや~~ん - àlamode

07 と 08 はアイドルの方々。実質的にはLiarのシングルのカットアップであることは分かっていたので、シングルを購入してオリジナルと同意義になるように再構成した。これによって音質向上、ミックスバランスの入念な調整が可能になった。

08. イキスギ嵐 - 水星

今年の音MADの中で一番好きなのでどうしても流したかった。コールを完璧にこなす方々がちらほら居たようで、本当に嬉しく思っています。うろ覚えの方のためにも、やるんだったらあのタグ一覧を印刷してみんなに見てもらえばよかったかも。

タグ一覧

09. それよりなによりかわいい - z5t (edited)

このあたりはJuke/Footworkな流れ。よりメロディ以外がメインであるように聞かせたい。

これと人糞発電所以外でJukeな気持ちを汲んだ音MADを知らない。しかも、こっちに関してはより自作曲MADな傾向が強く、かなり嬉しかった覚えがある。Footworkの気持ちを吹き込むためにドラム隊とベースを挿入するeditを加えた。

サブベースをinvertedなもの*2にしてたんだけど、ステージ上で全くベースが聞こえなくて本当に焦りました。会場に居た人曰くちゃんと鳴ってたらしいのでこれも杞憂だったっぽい。

10. Talking Kofji-Aneki GB.lsd - ぞう + "Matteo Coffetti - Quentin Selva Fooza (Piezo MondialCasa Remix)" - Pampsychia

かわいそうなぞう兄貴。元々の音MADはただBPMが160なだけで、別にJukeやFootworkの匂いはしなかったんだけど、BPM100くらいのすごいテクノのトラックを160/80として捉えた上で重ねるといい感じに化けるだろうという予想のもと作ったマッシュアップを流した。ドロップ部分を一度ループさせてて、ここでQuentin Selva Foozaのピッチを下げている。フロアで良いように聞こえてたらいいな~

11. "BUCCHIPPHA BRAND feat.変態糞親父 - 人糞発電所" - totsumal

SCRから一つは掛ける必要があると考えていて、2つある案のうち片方がこれで、もう片方がじょにー氏のboombapだった。のだけれど、セットリストの流れや尺の都合上BPM90周辺のビート系を持ち出すことができなかったのでそのままこちらを選択した*3

12. Our Kelly+フレンズ・オブ・かがみ+マクド・オブ・ドナルド - ボニボニア & Dustvoxx

このあたりからちょっとだけ古くなってもらう。BPM200は古くから今まで長いこと愛されているはず。ここではその古い側を流したかった。

このマッシュアップは、たしか2018年頃にボニボニアさんとDustvoxxさんが某所で掛けていたもので、初めてクラブで音MADを聞いた体験だったような気がしている。彼らの出番後に急いで気持ちを伝え、「どうしてもトラックを譲って欲しい」と伝えたところ快諾していただいたものだった気がする。いつか音MADでDJをする時が来たら絶対に流すぞ!と意気込んでたんですが、4年越しの伏線回収に成功した。本当によかった。

13. トゥルーデリーおねえちゃん - ひと☆ごみ & F41TH

VOX UPを使いたいという気持ちを先行に置いてここに置いた。一転攻勢要素はこの後の霊夢 so クッキー☆にもあるんだけど、そちらには強めのeditが掛かっているのでこのタイミングでクリアな一転攻勢をしておきたかった。結果として人から「お前のセットリスト淫夢ばっかりだな」って言われてしまう感じに。

14. You are the IDIOT!! 2 - Rebirth & 腐れ雅 ~ 15. Saitama - Rebirth & 某埼玉県好きな千葉県民

Rebirth氏のナードコアを流した。You are the IDIOT!! 2はMuzieからのサルベージに成功したのだけれど、Saitamaは残念なことに成功しなかった。音質が悪く、そのまま流す際に懸念点がいくつかあったので、これもオリジナルと同意義になるように再構成した。以下ツイートはswfから引っこ抜いたmp3をアナライザーで見た図。

swfについてはどちらもサルベージできていて、1080p相当になるように Swivel を使ってmp4にした。ベクター主体のメディアが流行っていたことに感謝しています。

16. 正露丸のラッパを激しくしてみた - 皿 (edited)

この曲が皿さんによるものだと知ったのは結構後になってからで、かなり大きな衝撃が走ったのと同時に「皿さんに掛かればこんなにも素晴らしいことになりますよね」という納得感も得られた。後半からhyperflipな感じにeditしていて、これ以降の近代的な高速BPM帯との橋渡しとして活躍していただいた。

17. 霊夢 so クッキー☆ - ひと☆ごみ (edited)

今思うと順番が前後している感も否めないが、一つ前の流れから霊夢 so クッキー☆のhyperflipを流した。複数人が言及している通り、音MADのhyperflipには可能性を感じている。あるくおすしさんが今回流していた音MAD-mixのスタートにhyperflipがあるのもその現れだと思う。音MAD的な文脈での音割れという技法はギャグ的なテイストの一種として捉えられがちだけど、音楽的には古くはガバキックだとか、新しいところだとhyperpopをはじめとした音作りなど、落とし込みどころがいくつか開拓されている。なんというか、すごい人たちが純粋なクールの方向で音割れの技法を目立たせてくれないかなあ~とか思ったりしていた。

今回は基となる音MADをひとつしか選択できなかった*4けど、文脈を汲むのが上手い人であればもっと良いhyperflipが作れるのではないか?と、音MAD界隈からhyperflipへの良い輸出を期待し続けています :pray:

18. "S1 E5 - smelt my strabwerry melt" - lorey (の音MAD)

新作音MADなので急に知らない音MADが流れた構図になる。すみません。元のトラックを聞けばすぐ分かる通り、51秒くらいからの声ネタはどう受け取ってもゆでなぽ界隈を意識しているし、その前のビルド部分ではRight Inが用意されていて、音MAD x hyperflipの流れが存在するのであればこれを掛けざるを得なかった。

前述の部分はそのまま使わせて頂いて、それ以外は「音MAD界隈で変な弄られ方をしていた素材」からそれっぽい音のものを並べていった。Right In.jpgとゆでなぽ界隈の中間にあたる部分として得られるコンテキストは「音MAD界隈で変な弄られ方をしていた素材」くらいしか思いつかなかった。

hyperflipの成り立ちだとかloreyの存在を考えると、こういった素材たちで空間を埋めていくのは流れに沿っていて自然な気もしてくる。これらの素材も、音MAD界隈の重要な一要素なわけで、結構気に入ってるかも。

19. 【星のカービィ】 ドナルド先進国らんらんるー♪ 【ドナルド】 - Tt35 + "ロナルド - naari3" + "MOODY GOOD [SCHEME FLIP]" - JIMMYTICS

前に荷鞍Recordsからリリースしてもらった ロナルド と、そのパクり元をマッシュアップした。この部分は見返すとあまり音MADっぽくないなとも思うんだけど、これは僕が思うドナルド先進国のベース系editなので許してほしい。

当初はこれの動画を自分で作ろうとしていたけど、このベース感にいい感じに対応する動画を作る能力(と時間)が無いことが分かり、急遽オンモコスブさんに作ってもらうことになった。直前くらいのタイミングでかなり忙しかっただろうに、本当にありがとうございました。感謝をしてもしきれません。

20. ピンクは腹黒 - bonosan (edited)

最後。エンディングとして先にSUMMERLOVEJEMFIGHTERのジャケットを置いて、イントロ部分の繋ぎを作った。ここから既に想像できる人も居た様子でとても嬉しかった。

これも過去に荷鞍Recordsからリリースさせていただいたもの(これ)を使っていて、より自分の嗜好に合わせた感じになっている。

途中、「来場者数、ゼロ」とか言ってたけど、全くそんな事なくてちょっと気まずかった。あとから聞いたところ、予約していた111人は本当に全員来ていたらしい。凄すぎる。

editなど

キックの差し替えとか、らいや~~んみたいな完全に再構成したものはある程度ここに置いてて、ちょうどいいので勝手に配布しちゃう。霊夢 so クッキー☆はちょっとまっててね。

https://drive.google.com/drive/folders/1OgaZSBwfmXORlVjFv61WIrLnbMeLAxN5?usp=share_link

当日の動画とか

現地の声入り

現地の声無し

雑記

セットリストについてはもう終わりで、ここからは気持ちなどを書いていきます

出ることが決まるまで

前提として…… 自分は運良くnerdtronicsの1に参加していて、これが「数ある音楽イベントの中でも最も好きなイベント」として強い記憶の形で残っている。

最初に2の存在を知ったのは今年の5月1日ごろ。極味やというすごいハンバーグの店に集団で行く際の待ち合わせで、owataxさんと一対一になったタイミングでMOGRAを予約してある旨を伝えられたのが最初だった気がする。まず最初に大好きなイベントの続編をやってくれる、ということで本当に嬉しくてその場で飛び跳ねてた覚えがある。しかも、ただ開催するだけではなく、僕がDJとして声を掛けられるかもしれない、ということなので更にすごい気持ちになったことを覚えている。

そこからしばらく間が空いて8月1日、本当に水無月さんから「nerdtronics2にDJとして出ませんか?」という旨のメッセージを貰った。一番好きなイベントの構成要素として組み込んでもらうチャンスで、少しだけ躊躇したのだけどその日のうちに承諾してnerdtronics2のサーバーに入れてもらった。

躊躇した理由としては「自分が大好きなイベントの出演側にまわって、充分な役目を果たすことができるのか?」というところが大きかった。純粋にプレッシャーだし、自分がなにか大きな失敗をして好きなイベントに泥を塗る結果にはしたくない、という感じ。これはその後当日までずっと不安なままだったんだけど、僕に声を掛けてくれたということはある程度の信頼を置いてくれていたのだろうし、不安要素についても「じゃあ当日までにたくさん準備をすればいいだけだよね」となって、エイヤでOKを出していたような気がする。なんやかんや言っても出たい気持ちは無視できなかった。

当日まで

自分に求められているものってなんなんだ??みたいな部分から考え始めて、少しずつコンセプト、というかやりたいことを決定していった*5。上の方で書いた通りで、クラブという最高の音響を活かしたジャンルは混ぜ込みたかったし、音MAD作者たち*6に洗礼みたいなものを浴びせたかった。僕は音MADを探すことを覚えることができたから色々な音楽を聴くことができるようになったのだと思いこんでいて、それが転じて色々な音楽イベントに行くようになった……という道を進んだけれど、誰かが自分が流したトラックを聞くことでいい感じに目覚めないかな~とか思ったりしていた。ある種のショートカットのような。さらにそれが音MADに紐づいてくれれば尚良いね、よいインスピレーションを与えたいな。という感じで流したいものを決めて、後は当日に向けてミックスバランスの調整とかeditとかの仕込みをしていた。

サイドイベント

荷鞍Recordsの出し物のためにAmazonでアパ社長カレーを購入して、当日パッケージだけ渡した*7。自分で買いなさい。

前日、水無月さんとかっぱさんと一緒に下北沢に行って古着屋で当日着る服を購入した。結局、当日は熱くてあんまり着てなかった。水無月さんもかっぱさんもいい感じの服を見つけててよかった。水無月さんは当日も着ててめちゃくちゃいい感じで良かった。

当日

日付を飛ばして当日、一般入場前の13時にMOGRA入り。運営陣の設営を待機していると、急に大きな音で 有沢さんとデート が流れ始めた。これはいわゆる音出しという行為で、会場での音量のバランスを確認するのが主なはずなんだけど、その一方でとんでもない音量で音MAD流れるのって明らかに異常事態なわけですよ。「ああ本当に今日nerdtronics2が始まるんだ」と居ても立ってもいられなくなって、ただ大きな音で音MADが流れただけなのに暴れ始めてしまった。このタイミングで一回足首を捻っていて、それ以降ずっと痛いまま過ごすことになった。この後、他の人も音出しをしていたんだけど、それらも全部音MADなわけで、この事実が本当に嬉しすぎてこの時点で感極まって泣いた。

この時点で既に感情的に高ぶっていたのだから「自分の出番までに体力温存~~~」なんて賢いことできるわけがなくて、自分の出番までにしっかり暴れてしまった。
自分の番になり、ステージに立った途端左のふくらはぎをつる。残当。既に運動量的な限界に近くて、自分の体力づくりの計画性の甘さを悔いたりしていた。それでもDJ行為は続く。

プレイ中は終始楽しかった。既にフロアは充分に温まった状態だったので、正直どんなミスをしても許されるのではないか?というメンタルで挑めた上に、普段じゃ考えられない量の歓声に迎えられて今だったら何でもできるような気持ちになっていた。「ステージ上の低音の鳴りがおかしくて無意味に低音を下げる」とか「ステージ上で暴れてたら途中で眼鏡を飛ばす」とか「一瞬音を止める」みたいなミスはあったけど、なんとか自分の番を終えた。

当日までずっと役目を果たせるのか?というところが心配だったんだけど、ステージから降りた直後から最後あたりまでずっとみんなが褒めてくれてて、その度に役目を果たせていたのだと認識していた。声をもらう度に本当に嬉しかったし、とんでもなくありがたい気持ち。

各個人の感想を書こうとしていたけどここでは割愛する*8。総括して書くと、誇張抜きで全員が全員凄かったという感じです。DJ陣も音MAD-mix陣も同じサーバーに居たので、みんなが事前準備に力を入れていたのはよく知っていたんだけど、それにしてもみんな素晴らしすぎる。四回くらい普通に泣いて、一回激しく咽び泣いてしまった。クラブで激しく咽び泣くのはかなり久々だったのでちょっとびっくりしたし、たしか那須ピーマンさんに心配されてしまってちょっと申し訳なくなった。

もうそろそろ一週間経つと思うんだけど、それでも結構恋しくなってしまうくらいには良いイベントで、本当に早くnerdtronics3が開催されてほしいところ。

3年前の自分へ

1が終わった後、ガストかなにかのファミレスでアマハムさんと「次はMOGRAでやってほしい」とか「次は僕たちも出れるように頑張ろう」とか冗談で言ってたと思うけど、どっちも達成してるよ!!本当におめでとう!!!!

*1:Do Back ohnについてはDo Back Parnが先行しているけど、淫夢ナイズがかなり良くてすごい

*2:モノで鳴ってるベースのLかRの位相を反転させて、あたかもステレオっぽく聞こえるようにしたものを個人的にそう呼んでる、Kush Jonesとかがやってた

*3:つまり、流れとしてこの曲を掛けることを決めたタイミングは結構後の方で、09 と 10 はほとんど最後に決定したということになる

*4:単に自分の能力不足によるもの(;_;)

*5:ちゃんと言語化できたのはこの記事を書き始めてからなんだけども

*6:または、クラブイベントに慣れていない人々

*7:中身はツイキャスしながら食べた

*8:僕がここで書くのはちょっと野暮だなという気持ち

何故僕はニコニコ動画の視聴ページからニコニコチャートにすぐ飛ぶためのブックマークレットを何故10年前に作っておかなかったのか

ツイートで済みそうなブログ記事リンク集

javascript:(()=>{ let url = new URL(location.href); url.host = "www.nicochart.jp"; url.protocol = "http:"; location.href = url.toString(); })()

思いついたタイミングで衝撃が走った。何故これを10年前に用意しておかなかったんだ。僕はこういう簡単すぎることこそコードにしてない節があって、そういうところなんだよなという感じ。


ところで自分のブックマークバーはブックマークレット専用バーみたいになっている。「ブックマークバーにはよく使うサイトやサービスを置いておくものだ」という一般的なノウハウがあるが、そんなサイトであればChromeのアドレスバーから対象のドメイン名頭数文字を入れるだけでそのサイトが出てくる。たとえば Ctrl + TnicoEnter のようなコマンドで nicovideo.jp にアクセスできる、など。なので個人的にそのような用途をしておらず、代わりに前述の使い方をするようになった。

ブックマークバーにあるアイテムに愚直な名前をつけ続けているとバーが埋まってどうしようもなくなる。なので今回を機会にちょっとだけ短い名前を付けるようにした*1。半角カナを使うだけで00年代のような雰囲気になるのがちょっとおもしろい。


追記

ニコニコチャートは普通に自前でブックマークレットを持っていたらしい、10年くらい早く僕に教えてほしかった!!!!!

http://www.nicochart.jp/about/#bookmarklet

*1:一回フォルダにまとめることも考えたけど2クリックになってしまうのでやめた