読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CTF for ビギナーズ 2016 東京 自分がやった分 write-up

CTF for ビギナーズ

CTF for ビギナーズは、コンピュータセキュリティ技術を競う競技であるCTF (Capture The Flag) の初心者を対象とした勉強会です。本勉強会では、CTFに必要な知識を学ぶ専門講義と実際に問題に挑戦してCTFを体験してもらう演習を行います。

自分は東京の勉強会に参加してきました。

write-up

フラグは全て ctf4b{EXAMPLE} のような文字列でした。

Warmup

Welcome (10 pts)

問題文にあるフラグが答えでした。

Misc

CountUp Game (200 pts)

[Never say 21 game]
Rule:   1.Count up numbers alternately.
        2.Don't say 21(lose)
        3.When you win to me 10 times continuously, you can get a flag.

ncコマンドで繋げたサーバーと対話し、1,2,3のどれかを入力することができ、10回連続で勝つことができればフラグを取得することができます。

3つまで数字をカウントできるよくやったあのゲームです。

まず必勝法なのですが、今回は後攻でした。このルールの場合、後攻は全てのターンで4の倍数で数え終え続けることができれば必ず勝つことができます。
もっと単純に言うと、4 - 相手の出した数字の数 だけ数えあげれば勝つことができます。

[相手 : 1, 2, 3] [自分 : 4] [相手 : 5, 6] [自分 : 7, 8] [相手 : 9] [自分 : 10, 11, 12] [相手 : 13, 14, 15] [自分 : 16] [相手 : 17, 18] [自分 : 19, 20] [相手 : 21]

今回は10連続勝利ということで、必要な連続勝利回数もそんなに多くなく、自分は自分の手で10回勝ってしまいました。

自分の環境だけかもしれないけど外とネットで繋げなかったからncと繋ぐいい方法を調べられなかった。しっかり準備しておきたい。

You Win!

Congratz! flag is "ctf4b{7h3_51mpl3_numb3r_pl4y}"

てけいさん for ビギナーズ (200 pts)

1桁と1桁の四則演算を100回繰り返す問題でした。

最初はn + m、その後何問目かからn - m、さらに何問目かからはn * mというようになっていました。除算についてはしっかり確認してませんでした。ないかもしれないしあるかもしれない。

これはタイプミスのことを考えると、毎回手計算しているとどこかでミスりそうな気がしたので、Python3でスクリプトを組みました。

# -*- coding: utf-8 -*-
import requests
from bs4 import BeautifulSoup

url = 'http://172.20.1.30/php_math/index.php'

s = requests.session()

req = s.get(url)
for i in range(103):
    soup = BeautifulSoup(req.text, "lxml")
    atags = soup.findAll("a")
    a0 = int(atags[0].text)
    a1 = int(atags[1].text)
    div = soup.find("div").text
    if "+" in div:
        ans = a0 + a1
    elif "-" in div:
        ans = a0 - a1
    elif "*" in div:
        ans = a0 * a1
    elif "/" in div:
        ans = a0 / a1
    else:
        print(soup)
    print(ans)
    req = s.post(url, data={"answer": ans})

何故100回以上回しているのかについては、100回回した後の挙動がわからなかった(意地悪なことをしてくるかもしれない)ため、-iをつけ実行後にインタラクティブモードに入り、その後の操作で柔軟に対応しようと考えたからです。

あまりよくないかもしれないし、もっといい方法があれば知りたい。

実行すると、100回回した後にエラーが吐き出され、インタラクティブモードに入りました。

>>> soup
<html><body><p>正解flag is ctf4b{85806158171ced5f3ccb7aca56a7a574f6dd8af8}</p></body></html>

Web

Fix it (100 pts)

問題文のURLにブラウザでアクセスすると、「どこかミスっててうまく動かない」みたいなことを言っていました。

chromeのdevtoolsを開き、リクエストに対するレスポンスを見てみると、Locatin:という値があり、そこにアクセスした後のページだったか、その値がフラグでした。

ctf4b{Locatin_is_typo_of_Location}

Can you login as admin? (200 pts)

adminとしてログインすることが目標の問題でした。

よく見かけるような簡単なSQLインジェクションのようでした。

クエリ文を直接.で繋げている?のかはわかりませんが、ID: adminPASS: ' or 1 = 1 'で通りました。

FLAG is ctf4b{SQLiNjec7ion_foR_beGInNer}

1M4G3 V13W3R (200 pts)

画像のアップローダーがあり、

  • 画像をアップロードすること
  • 画像を閲覧すること

ができるWebサービスが題材の、典型的なディレクトリトラバーサルの問題でした。

画像をクリックすると、http://172.20.1.60:31337/web200-2/view.php?file=b452a2840a43b8f3.jpgのような形のアドレスに飛び、画像が表示されます。

本日の勉強会で習ったように、とりあえずindex.phpを表示させようとしました。

http://172.20.1.60:31337/web200-2/view.php?file=../index.php

すると、思惑通りindex.phpの内容が表示された気がして、たしかフラグが表示されたと思います。

ctf4b{path_trav3rsal_1s_the_r3al_fun}

Binary

Plain (100 pts)

Plainという名前からして、stringsだろうなと思い、かけてみるとフラグが出てきました。

$ strings ./bin100

反省

f:id:naari_3:20161022225446p:plain

合計で1010点でした。

f:id:naari_3:20161022225345p:plain

順位表では21位で、18位の方まで1010点だったので、そんなかんじです。

Forensicsの分野を1問も解けませんでした。 Find key1に関しては、一番上と一番下のフラグが偽物っぽかったので、似ているhttpリクエスト全てを偽物だと判断してしまいました。 Find key2は、zipファイルの取り出しまではできたのですが、その後2.pcapの中での立ち振舞いがクソでした。

運営の方がくれたwrite-upが素敵でした。

また、binaryのPlainの解説をしたので本をもらいました。

デバッガによるx86プログラム解析入門【x64対応版】

デバッガによるx86プログラム解析入門【x64対応版】

最近CTFを初めた自分にとって、基礎固め的な意味でとてもいい勉強会でした。

次はSECCONのオンライン予選です。記念として参加しようと思っています。チームメンバーがいないので誰か一緒に出ましょう。

広告を非表示にする